DR(ドラッグ・リポジショニング)

ドラッグ・リポジショニング(DR)とは、ヒトでの安全性と体内動態が充分に証明されている既承認薬の新しい薬理効果を発見し、別の疾患治療薬として開発する戦略です。

ドラッグ・リポジショニング研究の利点

医薬品開発におけるDRの大きな利点として以下の点が挙げられます。

  • 確実性
  • 低コスト性
  • 有効性

当社のDRの特徴

当社は日本で最初にDRの重要性を指摘し、DRのリーティングカンパニーとして発展

既承認薬ライブラリーを用いた医薬品スクリーニング:

当社は、日本で承認された薬(既承認薬)だけを集めた化合物ライブラリーを独自に構築し、これを用いて様々なスクリーニングを行いDRを進めてきました(COPD、ドライアイ、機能性ディスペプシアなど)。また、このライブラリーを無償で提供し共同でDRを進める共同事業を展開してます。

既承認薬をリード化合物として用いる新薬開発:

スクリーニングで得られた既承認薬の薬効をさらに高めるために、あるいは物質特許を得るために当社は、既承認薬をリード化合物として誘導体を合成し、新規物質を創製してきました(LT-3001、LT-3002など)。

開発中止品のDRによる復活:

臨床での安全性は確認されたものの、薬効不足などにより臨床開発が中断した化合物(お蔵入り新薬)を抱える製薬企業は多く、DRにより新たな薬理効果を発見し別の疾患治療薬として開発することができれば、大きなメリットとなります。当社は大手企業からこのようなDRを受託するビジネスも展開しています。

これまでの事例

  • 1. 既承認薬ライブラリーを用いたCOPD治療薬の開発
  • 2. 既承認薬ライブラリーを用いたドライアイ治療薬の開発
  • 3. 既承認薬ライブラリーを用いた機能性ディスペプシアの開発
  • 4. DRを利用した副作用の少ない抗炎症薬の開発
  • 5. 適応拡大の受託
  • 6. 既承認薬ライブラリーを用いた大学との共同研究

DRによる医薬品開発の流れ

DRでは、早く安く確実に安全な医療品を開発できる