DDS(ドラッグデリバリーシステム)

DDS(ドラッグデリバリーシステム)は、医薬品を

  • 必要な場所に
  • 必要な時間
  • 必要な量だけ

送達する技術です。

この技術によって、薬物量や投与回数の軽減が可能になります。つまり薬の効用を高める一方で副作用を軽減することで、患者様の負担を減らすことができます。

開発ステージでの当社DDS製剤の優位性

DDS製剤の開発期間は一般的な医薬品開発の場合と比べて短縮化される

既に上市されている医薬品を対象にする場合、一般的な医薬品開発に必要な試験の一部を省略することができます。
そのため別に説明するDR同様、早く安く確実に安全な医療品を開発できます。

当社のDDS製剤の特徴

世界唯一のDDS技術:レシチン化によるバイオ医薬品の動態改善

タンパク質医薬品のDDS技術としてはPEG化技術が有名ですが、当社は、レシチン化によるタンパク質の動態改善技術を持っている唯一の企業です。(この技術を使いPC-SODの臨床試験を現在進めています)。この技術は他のタンパク質医薬品にも応用可能です。

世界初のターゲティングと徐放化を併せ持つDDSキャリアの開発

これまでのDDSキャリアは、ターゲティングと徐放化のどちらか狙ったものでしたが、当社のステルス型ナノ粒子はその両者を同時に達成した世界初のDDSキャリアです。現在、ナノPGE1やナノBPS(ベラプロストナトリウム)を開発していますが、他の薬剤の封入も可能です。

複数の医薬品を上市した実績を持つ、脂肪微粒子DDS製剤

脂肪微粒子に薬物を封入することにより、薬物の動態改善が可能です。当社はこの技術の先駆者であり、既にリポPGE1、リポNSAIDなどの上市に成功しています。提携している北京泰徳製薬は、世界最大規模の脂肪微粒子製剤製造工場を持っています。

核酸を含むさまざまな薬物に対応可能なリポソーム・リピドナノパーティクル製剤の開発

リポソーム医薬品は既に世界で19品目が上市されています。抗がん剤、核酸を含む多くの薬物をリポソーム(リピドナノパーティクルを含む)に封入することにより、標的とする組織・細胞へのパッシブターゲティング、アクティブターゲティングが可能となります。弊社研究担当者(湘南研究所長)は企業で38年間以上、リポソームを中心としたDDS研究に従事してきており、大量生産、安定性保証、治験薬製造、レギュレーション対応、日米欧の製薬会社・化粧品会社との共同開発等で多くの実績と経験を有しています。

代表的な抗がん剤含有リポソーム製剤の例