ライセンスアウト
<当社から他企業へ>

当社は創薬系バイオベンチャーとして、開発中のパイプラインをなるべく早く他の企業へライセンスアウトすることを目指しています。既に、第二相臨床試験まで進んでいるパイプラインも複数あります。
以下に、当社のパイプラインを簡単にご紹介致します。資料の送付や面談にて詳しい説明をご希望の方はお問い合わせください。

① 脳梗塞、心筋梗塞、ARDS 治療薬としてのPC-SOD

別項で説明していますように、多くの病気の根本的な原因となっている活性酸素を効果的に消去するPC-SODは、様々な疾患の治療薬として有望です。
実際、特発性肺線維症と潰瘍性大腸炎に関しては、我々が行った臨床試験で有効性が示唆されています。また動物モデルで有効性が示された疾患は、この二つの疾患に加えて、COPD、ドライマウス、脳梗塞、脊髄損傷、熱傷、外傷性脳損傷、移植時傷害、心筋梗塞、強皮症、ARDSなど多岐に渡っています。これらのどの疾患に関しても、当社が持つ物質特許、用途特許をライセンスアウトすることが可能です。
また、共同開発も歓迎します。尚、当社は現在、脳梗塞、心筋梗塞、ARDSに特に注目し、その臨床試験の準備を行っておりますので、これらの疾患に関するライセンスアウト・共同開発を特に希望します。

【対象薬】LT-1001(注射剤)、LT-1002(吸入剤)(PC-SOD)
【対象疾患】脳梗塞、心筋梗塞、ARDS、潰瘍性大腸炎、特発性肺線維症など
【開発ステージ】第一相臨床試験終了、一部第二相臨床試験終了
【知財】物質特許、用途特許、製剤特許

② 集積性と徐放性を併せ持つDDSキャリア・ステルス型ナノ粒子

これまでのDDSキャリアは、集積性、あるいは徐放性のどちらかだけを目指したものでしたが、我々はその両者を同時に達成するステルス型ナノ粒子の開発に世界で初めて成功しました。下記の③と④で、述べているのはこの技術を利用したものですが、この粒子自体の特許も保有していますので、ご希望の医薬品をこの粒子に搭載する共同研究開発も可能です。

③ 末梢動脈閉塞症治療薬としての、ナノPGE1

当社が開発したリポPGE1は、多くの患者さんの治療に貢献してきました。しかし、毎日注射をする必要があり、QOLの点では問題がありました。そこで我々は、集積性と徐放性を併せ持つDDSキャリア・ステルス型ナノ粒子にPGE1を封入したナノPGE1を開発しました。この製剤は、二週間に一回程度の投与で、リポPGE1の毎日投与を上回る効果が期待されています。

【対象薬】LT-2002(ナノPGE1)
【対象疾患】末梢動脈閉塞症
【開発ステージ】非臨床試験実施中
【知財】製剤特許

④ 肺高血圧症治療薬としての、ナノPGI2誘導体

現在、肺高血圧症の治療には、PGI2のポンプによる持続投与、あるいはPGI2誘導体の経口投与が行われていますが、前者はQOLの面で、後者は効果の面で問題があります。そこで我々は、集積性と徐放性を併せ持つDDSキャリア・ステルス型ナノ粒子に、PGI2誘導体を封入したナノPGI2誘導体を開発しました。この製剤は血管病変部に集積し、そこでPGI2誘導体を徐放しますので、二週間に一回程度の投与でも、十分な効果を発揮することが期待されます。

【対象薬】LT-2003(ナノPGI2誘導体)
【対象疾患】肺高血圧症
【開発ステージ】非臨床試験実施中
【知財】製剤特許

⑤ 胃潰瘍を起こしにくく、かつ速効性に優れた新規NSAID

非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)は、解熱鎮痛抗炎症薬として臨床上必要不可欠ですが、胃潰瘍副作用が大きな問題になっています。我々は、既存のNSAIDに比べ,格段に胃潰瘍を起こしにくく、かつより速やかに鎮痛効果を発揮する新規NSAID(LT-3001)を発見しました。非臨床試験段階からのライセンスアウトを希望しております。

【対象薬】LT-3001(新規物質)
【対象疾患】炎症性疾患
【開発ステージ】非臨床試験実施中
【知財】物質特許

⑥ 長時間作用性の気管支拡張効果と抗炎症効果を併せ持つCOPD治療薬

COPD治療には現在、症状を改善するための長時間作用型気管支拡張薬と、病気の進行を抑制するためのステロイドの両者が使用されています。これに対して我々が発見したLT-3002は、動物実験において、既存の気管支拡張薬よりも長く気管支を拡張するだけでなく、ステロイドよりも強力な抗炎症作用を発揮します。このCOPD治療薬として大変有望な新規物質に関して、非臨床試験段階からのライセンスアウトを希望しています。

【対象薬】LT-3002(新規物質)
【対象疾患】COPD
【開発ステージ】非臨床試験実施中
【知財】物質特許

⑦ 気管支拡張効果と抗炎症効果を併せ持つCOPD治療薬(既承認薬)

COPD治療には現在、症状を改善するための長時間作用型気管支拡張薬と、病気の進行を抑制するためのステロイドの両者が使用されています。これに対して当社では、既承認薬ライブラリーから、気管支拡張効果と抗炎症効果を併せ持つ既承認薬LT-4001を発見しました。⑥のLT-3002と合わせてのライセンスを考えております。

【対象薬】LT-4001(既承認薬)
【対象疾患】COPD
【開発ステージ】既承認薬なので、非臨床試験は完了
【知財】用途特許、製剤特許

⑧ 新しいメカニズムのドライアイ治療薬

ドライアイに対しては、様々なメカニズムの医薬品が上市・開発されていますが、未だ治療法は確立されていません。現在、涙液の高浸透圧化による傷害から角膜を守る薬がないことに着目し、当社では医薬品を既承認薬ライブラリーから検索し、既承認薬LT-4002を発見しました。現在、その効果を確かめるための第二相臨床試験の準備をしております。尚、同様の効果を持つ別の既承認薬LT-4003も発見しています。

【対象薬】LT-4002、LT-4003(既承認薬)
【対象疾患】ドライアイ
【開発ステージ】第二相臨床試験準備中
【知財】用途特許、製剤特許

⑨ 胃排出遅延と適応性弛緩不全の両者を改善する、新規機能性ディスペプシア治療薬

機能性ディスペプシア(FD)は、器質的な変化がないにも関わらず胃もたれや胃痛を起こす疾患であり、全人口の15-20%が罹患していると言われていますが、その治療法は確立されていません。FD(胃もたれ)の原因は胃排出遅延と適応性弛緩不全です。我々は動物モデルで胃排出能を回復する医薬品を検索し、既承認薬LT-4005を発見しました。LT-4005は、拘束ストレス依存に低下した適応性弛緩を回復させ、その効果はアコチアミドと同等でした。このようにLT-4005は、FD(胃もたれ)において重要な役割を果たしている胃排出遅延と適応性弛緩不全の両者に有効な薬です。

【対象薬】LT-4005(既承認薬)
【対象疾患】FD
【開発ステージ】既承認薬なので、非臨床試験は完了
【知財】用途特許

⑩ ストレス性下痢と内臓知覚過敏の両者を改善する、新規IBS治療薬

過敏性腸症候群(IBS)は器質的な変化がないにも関わらず排便異常や腸の痛みを起こす疾患であり、全人口の10%以上が罹患していると言われていますが、その治療法は確立されていません。我々は動物モデルで精神ストレス依存の排便、及び幼少期の精神ストレス依存の内臓(腸)知覚過敏を抑制する医薬品を検索し、既承認薬LT-4006を発見しました。このようにLT-4006は、下痢型IBSにおいて重要な役割を果たしているストレス性下痢と内臓知覚過敏の両者に有効な薬です。

【対象薬】LT-4006(既承認薬)
【対象疾患】下痢型IBS
【開発ステージ】既承認薬なので、非臨床試験は完了
【知財】用途特許

⑪ オートファジーを誘導し神経変性疾患に有効な既承認薬

オートファジーは細胞質成分をリソソームで分解するための主要分解機構です。近年、オートファジーが神経変性疾患(アルツハイマー病やポリグルタミン病など)の原因となる異常蛋白質を選択的に分解し、その蓄積・凝集を防ぐ働きがあることが分かってきました。そこでオートファジーを活性化する薬は神経変性疾患の根本的な治療薬になることが期待されています。実際、この考えを支持する多くの報告が最近発表されています。そこで我々は、哺乳類のオートファジー研究の第一人者である東京大学の水島昇教授との共同研究で、オートファジーを特異的に誘導する医薬品を検索し、既承認薬LT-4007を発見しました。

【対象薬】LT-4007
【対象疾患】神経性疾患
【開発ステージ】既承認薬なので、非臨床試験は完了
【知財】用途特許

⑫ オートファジーを阻害する抗癌薬

オートファジーは細胞質成分をリソソームで分解するための主要分解機構です。近年、一部のがん細胞はオートファジーにその生存を依存していること分かってきました。これは、がん細胞が栄養学的に不利な状況にあり、急速な細胞内代謝回転を必要としているからです。実際に、米国ではクロロキンおよびヒドロキシクロロキンなどのオートファジー阻害薬の難治性腫瘍に対する臨床試験が行われています。しかしながら、クロロキンおよびヒドロキシクロロキンは、オートファジー特異的ではありません。従って、より特異性の高い新たなオートファジー阻害剤が必要です。そこで我々は、哺乳類のオートファジー研究の第一人者である東京大学の水島昇教授との共同研究で、オートファジーを阻害する医薬品を検索、既承認薬LT-4008を発見しました。

【対象薬】LT-4008
【対象疾患】癌
【開発ステージ】既承認薬なので、非臨床試験は完了
【知財】用途特許

共同開発に関するお問い合せ