沿革

創業期~当社設立

1988年4月 水島裕がDDS(ドラッグデリバリーシステム)関連技術の研究開発支援を目的として(株)エルティーティー研究所を設立
1988年6月 (株)ミドリ十字(現田辺三菱製薬(株))よりDDS製剤(リポステロイド:商品名/リメタゾン®)販売開始
1988年7月 大鵬薬品工業(株)よりDDS製剤(リポステロイド:商品名/ハロアート®、ハロアート®S)の販売開始
1988年10月 大正製薬(株)よりDDS製剤(リポPGE1:商品名/パルクス®注)の販売開始
1988年11月 (株)ミドリ十字 (現田辺三菱製薬(株))よりDDS製剤(リポPGE1:商品名/リプル®注)の販売開始
学校法人聖マリアンナ医科大学と共同研究を開始
リポ製剤の発明・開発により、水島裕「日本薬剤学会製剤技術賞」受賞
1990年10月 水島裕が中心となり、学校法人聖マリアンナ医科大学難病治療研究センター開設(初代センター長:水島裕)
1992年6月 科研製薬(株)よりDDS製剤(非ステロイドリポ製剤:商品名/ロピオン® )の発売開始
1995年3月 中日友好病院(中国北京市)との合弁会社「北京泰徳製薬有限公司」(現 北京泰德制药股份有限公司)設立
大正製薬(株)の技術支援も得てDDS製剤(リポPGE1:商品名/カイシ)の製造・開発を中国で開始
1997年9月 北京泰徳製薬よりDDS製剤(リポPGE1:商品名/カイシ)の販売開始
1998年9月 大鵬薬品工業(株)よりDDS製剤(リポステロイド:商品名/ファルネゾン)の販売開始
大日本製薬(株)(現大日本住友製薬(株))よりDDS製剤(リポステロイド:商品名/ファルネラート)の販売開始
2001年9月 中国でのリポ製剤の開発により、水島裕「中国政府友誼賞」受賞

当社設立~現在

2003年1月 (株)エルティーティー研究所を分割し、医薬品事業を継承する(株)LTTバイオファーマを設立
2004年10月 北京泰徳製薬よりDDS製剤(非ステロイドリポ製剤:商品名/カイフェン)の販売開始
2004年11月 東京証券取引所マザーズへ上場
2005年6月 ロート製薬(株)より当社DDS技術を利用したオバジパーフェクトリフトAA発売開始
2005年10月 (株)ソーレ(100%子会社)を設立。調剤薬局事業に参入
2006年3月 DDS製剤AS-013の米国における第Ⅲ相臨床試験が終了
2006年4月 水島徹(熊本大学教授)が中心となり、国立大学法人熊本大学薬学部附属創薬研究センター開設(初代センター長:水島徹)
同センターに寄附講座(先端DDS学講座)を当社が新設
2006年6月 (株)マシンパーツとMH処理打錠杵の製造、販売を行うための共同事業契約を締結
2006年11月 DDS製剤PC-SOD(注射剤)の日本における前期第Ⅱ相臨床試験が終了。潰瘍性大腸炎での有効性が確認される
2007年8月 北京泰徳製薬有限公司(現 北京泰德制药股份有限公司)に対し中国全域を対象とするPC-SODライセンス契約を締結
2007年9月 株式交換により(株)アスクレピオスを完全子会社化
2008年3月 子会社(株)アスクレピオス自己破産申請。連結対象外となる。
2008年5月 創業者水島裕急性心不全により死去
2008年6月 DDS製剤PC-SOD(注射剤)の日本における前期第Ⅱ相臨床試験が終了、特発性間質性肺炎での有効性が確認される
2008年6月 二代目取締役会長に水島徹が就任
2008年10月 EIP製品の販売を目的とする(株)マシンパーツ販売(100%子会社)を設立
2009年2月 本社事務所を東京都港区海岸(汐留ビルディング)へ移転
2009年2月 子会社(株)ソーレ株式を全株譲渡。連結対象外となる。
2009年4月 北京泰徳製薬有限公司(現 北京泰德制药股份有限公司)と資本・業務提携契約を締結
2009年8月 「PC-SOD 吸入製剤の実用化開発」が独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の助成事業に採択される
2009年9月 北京泰徳製薬有限公司(現 北京泰德制药股份有限公司)に対し中国全域を対象とするAS-013ライセンス契約を締結
2009年12月 PC-SOD(吸入製剤)の実用化開発の毒性試験開始
2010年1月 旭化成ファーマとステルス型ナノ粒子の共同研究開発契約を締結し、基礎的研究を開始
DDS製剤PC-SOD吸入製剤の毒性試験開始
2010年5月 米国におけるDDS製剤PC-SODの組成物(物質)特許取得
2010年6月 DDS製剤PC-SODが厚生労働省より希少疾病用医薬品(オーファンドラッグ)に指定される
2010年7月 「ステルス型ナノ粒子PGE1製剤の実用化開発」が独立行政法人新エネルギー・技術総合開発機構(NEDO)の助成事業に採択される
2010年9月 PC-SOD(吸入製剤)の第Ⅰ相臨床試験を開始
2010年11月 ステルス型ナノ粒子について北京泰德制药股份有限公司と共同研究開発契約を締結
2010年12月 PC-SOD(吸入製剤)の第Ⅰ相臨床試験における健康人を対象とした反復投与試験開始
2011年3月 当社EIP事業の営業活動を終了
2011年3月 ドラッグ・リポジショニング(DR)研究により、水島徹「日本薬学会学術振興賞受賞」受賞
2011年4月 当社株式が監理銘柄に指定(4月1日付)
2011年7月 当社株式が整理銘柄に指定(7月8日付)
2011年7月 ChongKunDang Pharm. Corp(CKD)に対し韓国全域を対象とするPC-SOD(吸入製剤)ライセンス契約締結
2011年8月 当社株式が東京証券取引所マザーズ市場より上場廃止(8月9日付)
2012年2月 資本金を1億円に変更(2月10日付)
株式会社マシンパーツ販売を清算連結対象外とする
PC-SOD(吸入製剤)の第Ⅰ相臨床試験終了
2012年7月 PC-SOD(吸入製剤)の第Ⅱ相国際共同臨床試験開始
2013年7月 PC-SOD研究により、水島徹「日本DDS学会永井賞」受賞
2014年9月 PC-SOD(吸入製剤)の第Ⅱ相臨床試験終了
2015年5月 ドラッグ・リポジショニング(DR)研究により、水島徹「木原記念財団応用科学賞」受賞
2015年6月 北京泰徳製薬が、PC-SODの中国での第Ⅰ、Ⅱ相臨床試験実施許可
2015年10月 味の素製薬に対し、当社パイプライン(LT-4004)のライセンス契約締結
2016年4月 聖マリアンナ医科大学に寄附研究部門(先端創薬科学講座)を設置
2016年5月 ドライアイ治療薬(LT-4002)の前期第Ⅱ相臨床試験開始
2017年4月 ドライアイ治療薬(LT-4002)の前期第Ⅱ相臨床試験終了
2018年3月 ノーベルファーマ株式会社と既存医薬品の適応拡大(ドラッグ・リポジショニング(DR)に関する共同開発基本契約を締結
2019年2月 湘南ヘルスイノベーションパーク(湘南アイパーク)に当社研究所を新設(湘南研究所)
2019年4月 ノーベルファーマ株式会社との共同開発品(LT-5001)の第Ⅱ相臨床試験開始
2019年4月 ドライアイ治療薬(LT-4002)の後期第Ⅱ相臨床試験開始